欢迎来到樱花国际日语,请选择离您最近的中心:
全国     浙江     江苏     山东     福建     广东    
华东区   上海  杭州  宁波  温州  苏州  无锡  南京  南通  昆山  常州  扬州
华北区   北京  大连  天津  青岛  济南  石家庄  沈阳 
西北区   西安 
华南区   广州  深圳  佛山  厦门  福州
西南区   重庆  成都
华中区   合肥  武汉  郑州  长沙   南昌
×
人称代词“他”“她”没那么简单? -日语等级考试
来源: 樱花国际日语    时间:2017-02-15   浏览量:
关键词:

    日语人称代词“他”与“她”没那么简单?

    日本語では、「彼」の歴史は古い。はじめは、人に限らず物をも指す指示語であった。これに比べれば、「彼女」ができたのは最近である。それまでずっと、彼の中に彼女が含まれていたのである。たとえば、「たそがれ(たそかれ=誰そ彼)」という、夕刻を表すいい方がこれを端的に物語っている。「あれは何だろう、日が暮れて暗いのでよくわからないが」という状況である。

    常用日语

    在日语里,“彼(他、彼、男友)”一词历史悠久。最初这个指示代词并不仅仅指人,也可指物。相比之下,“彼女(她、女友)”一词就比较新了。在此之前,“他”中一直包含了“她”。举个例子,“たそがれ”(注:语源说法诸多,详见注释,仅供参考)这个意为黄昏的表达便能很清楚地对上述情况做出解释。该词描述了这样一种状况——“那是什么,天黑了周围变暗了看不太清”。

    注:黄昏(たそがれ)とは、夕方の薄暗いとき。夕暮れ。動詞形は「たそがれる」。黄昏を古くは「たそかれ」と言い、江戸時代以降「たそがれ」となった。薄暗くなった夕方は人の顔が見分けにくく、「誰だあれは」という意味で「誰そ彼(たそかれ)」と言ったことから、「たそかれ(たそがれ)」は夕暮れ時をさす言葉となった。

    一説には、農夫が田んぼから退き、家に帰る時刻であることから「田退(たそかれ)」を語源とする説もあるが、「彼は誰(かはたれ)」を語源とする「かわたれ時」という明け方をさす言葉があることから、「田退」の説は考え難い。

    さて、英語が社会に浸透し始めた明治時代、代名詞のheやsheを翻訳する上で区別する必要が生じた。そこで彼に相当する一字の造語をすればよかったのだが、「彼の女(かのおんな)」と二文字でやってしまって現在に至っている。もっとも、読み方は訓 音の順の「湯桶読み」である。

    后来在明治时期,英语开始渗透进日本社会,为了翻译人称代名词he及she,日语用词有了区分男女的必要。此时,人们本可以创造出和“彼”相对应的一字新词,结果出现的却是“彼の女(かのおんな)”,并沿用至今。不过如今的读法(注:即かのじょ)是先训读后音读的“汤桶读法(训音混读)”

    注:【彼女】彼 女(かのじょ、湯桶読み),明治初期はかのおんなと発音した。湯桶読み(ゆとうよみ)は、日本語における熟語の変則的な読み方の 一つ。語の前半を訓として、後半を音として読む「湯桶」(ゆトウ)のような熟語の読みの総称である。例えば、朝晩(あさバン)、雨具(あまグ)などがある。これに対して、前半が音、後半が訓とする読み方を重箱読みという。

    「彼」と「彼女」は翻訳語として定着した。しかし、それは主に書き言葉でのことであり、会話においては事情は異なる。つまり、はっきり主語を示すという、元の言語の性質までは日本ではなじまなかったようなのである。主語がだれか、とは言わなくてもわかる場合、言わないのが日本語である。「お母さん、お父さん帰ってきた?」「彼はきょう残業らしいよ」などという家庭での会話はありえない。夫婦間でも伝統的に「お父さん」「お母さん」と呼び合う、各自の役割が重要な意味をもつ家族関係においては、「彼」「彼女」の出番はこれからもなさそうに思う。また、役職名や肩書の方が社会では幅をきかしている。

    上一篇:日语一级词汇短文阅读必备(7)
    下一篇:日语初级语法